ハワイの勉強日記(12話 ハーラウ(ハラウ))

ハーラウは最初は大きなカヌー小屋だったそうだ。ハーラウは大きな建物つまり集会所という意味があるのだそうだ。ボキボキ。
昔、アリイ( Ali‘I:首長)がフラを人々へ観覧させたらしい。お祭りもそうだが、集落ができれば娯楽的なものも必要なのだろうか・・・。
やがてクム・フラ(フラを教える専門の教師)とハーラウ・フラ(フラの学校)ができる。
ハーラウは神聖なものなので神聖な場所、人里から離れた森の中などに作られたらしい。

 
ハラウ生への連絡
NHK文化センター横浜ランドマーク教室(初級・中級・上級担当)
NHK文化センター宇都宮教室

2014年6月ツアー